主役のいないお七夜鯛はキャンセルできません

娘は治療中、私だけ退院した日。

実家に帰るとご馳走が所狭しと並べられていました

私の大好物ばかりで、お寿司や海鮮巻き、唐揚げにケーキまで母ありがとう

そしてテーブル中央には大きな鯛が

今日は娘が生まれて7日目のお七夜だったようです

そのつもりで鯛を予約してくれていたそうですが、肝心の娘が不在

キャンセルはできなかったようで

あとで合成写真撮ろうねということで感謝していただきました

なんか炊飯器にドーンはちょっとグロいですねすみません。

たくさん用意してくれたのですが、私は入院中からの体調不良でほとんど食べることが出来ず

いつもはフードファイターのように食べる私が食べないので、母は相当重症だと思ったようですぐに休ませてくれました

そして娘のために2時間おきに搾乳しながら朝になりました

それでも病院と違い、2時間はちゃんと布団で横になることができるので全然しんどさが違いました!

朝早く、冷凍した搾乳を保冷バッグに入れて病院へと向かいました。

私も産後間もないので、母にも付いてきてもらいました