JR上野駅近くで火災。住人の男性が死亡。

JR上野駅近く火災で住人男性が死亡

01/0706:19

東京のJR上野駅近くで住宅火災があり、住人とみられる男性が死亡した。

7日午前1時すぎ、台東区東上野の住宅から火が出て、1階、2階あわせて50平方メートルが焼失したほか、隣の2つのビルの壁を焼いて、まもなく消し止められた。

この火事で、60代とみられる男性の死亡が確認された。

ソースFNNニュース(フジテレビ)を引用。

火を使う時の注意

火災は財産などを失い死者の出る恐ろしいものです。隣家にもらい火になる事もあります。調理や、料理を行う際は、火の元から離れない事。離れる際は火を必ず消してから行く事。タバコの不始末による火災もあります。タバコを吸う場合は、灰皿に水を入れて吸ったら入れる事。吸ったタバコは水を入れた灰皿に入れる事。処分の際は水を捨ててタバコに火がついてないかどうかを確認して、火がついてなければゴミ箱、ゴミ袋に入れる事。寝タバコは寝ている時に火災が起こり逃げ遅れの原因になりますから、タバコを上記に書いたタバコの処分をしてから寝る事。火のついたタバコを入れると火災の原因となり、他のものに燃え広がる恐れがあります。こたつの中に燃えやすい物や、衣類をこたつの中に置かない。ファンヒーター(石油暖房機)の近くにスプレー缶や衣類など燃えやすい物を置かない。ファンヒーター(石油暖房機)から離れた所に保管する事。ガスを使ったら(寝る前も含む。)必ず元栓を閉める。閉めた後(寝る前も含む。)も元栓を閉めているかどうかを確認する。もし家が燃えた場合は、近隣の家などに火事だ〜っ。と叫びを\xB5

瓩瓠〻疥戮覆匹肪里蕕擦襦﹅男鼻〵澣渕\xD6(119番)、警察(110番)に連絡する。隣家のもらい火を防ぐ為、近隣の家と協力し、今の言葉で使われなくなったバケツリレーをする。消火器で燃えている家を消す事も重要であるが1本では火は消せない為、数十本が必要である。中に人が入っている際や、避難した際で必要な物を取りに戻るのは火が燃えており、大火傷を負い、最悪の場合死に至るもしくは後遺症が残る恐れがある為、火が燃えている家には入らない事。消防や警察が来たら、消防士、警察官の指示に従う事が重要です。火災から守る為にも皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。