松井一代さんは、また車を買ったのかなぁ

松井一代さんは、ハッピーすぎて、また車を買ったとか言っていますね。

まー、元気で何よりであります。

まー、私は、風呂の調子も悪く、iphoneも落ちまくり、とほほであります。

それでも、何か、ハイレゾ自然音関連では、運がありますね。

ebayは、面白く、意外に掘り出し物が見つかります。

私的には、今はSound Devices社の製品にはまっておりますね。

うーん、なんですかね。

もともと、プロ用なんですね。

こういうのがあったらいいな、と思った人が作った会社なんですね。

私がこういうのがあったらいいなと考えるのと、ほとんど同じことを考えて、作るみたいなのに、もう、ハマるのですね。

嬉しくなってしまうのですね。

まぁ、高機能か低機能かといったら、必要最低限の機能くらいしかないんですね。

でも、とにかく、ハイクオリティ。

もう、この潔さが素敵でありますね。

そして、Sound Devices社と他所の会社と比較すると、他所の方が、高機能とか、便利とかに見えるのでしょうね。

それで、一般の人には、選ばれないのです。

だから、安く売られています。

安くしないと売れないから。

ただ、変わり者の私が、これほど、惚れ込むのですから、プロの人には、こたえられないですね。

まぁ、日本人ですから、TASCAMのDR-100mk3で、勝負しようかと思ったのですが、やはり、性能、使い勝手ともまさる、Sound Devices社の製品を使った方が、楽して、いいものが作れるのですね。

まぁ、なんです。

なぜ、日本では、これが作れないんだろう。

昔から、オーディオで、アンプのいいのは、日本では作れなくて、アメリカが、作っていましたね。

日本は、最高級品を作るのは、得意じゃないんですね。

中級品の上が得意なんですね。

まぁ、実用品ですね。

でも、感性に関わる部分は、実用品ではダメなんですね。

こころを揺さぶるクオリティがないと、なんのために創作しているか、意味不明になってしまいます。

まぁ、その辺は、不思議なもので、銘機みたいなものは、こころを満たしてくれるのですね。

まぁ、最近、つくづく考えるのは、うまくいくシステムを作ることだと思いますね。

一生懸命頑張っても、うまくいかないやり方をするより、かなりテキトーでもうまくいくシステムを作り上げるとラクちんですね。

それを痛感したのは、ベッキーさんのインスタグラムですね。

最近、絶賛されているのは、ラーメンの画像です。

およそ、インスタ映えしないだろうと誰もが思うのですが、誰もが、引き込まれるのです。

私も、スーパーで、麺とスープと、チャーシュー・メンマを買って、食べてしまいましたもの。

なんなんだこれは。

おそらく、ベッキーさんのカメラに秘密があるのだと思います。

あっと驚く、為五郎、なのだと思いますが、きっと銘機だと思いますね。

まぁ、私のハイレゾ自然音も、聴いただけで、うっとりする音をまず出してしまうのですね。

そうすると、あとが楽ですから。

まぁ、一応、私は、何を使っているか、全部公開してしまうので、真似すれば、ほとんど同じものが作れますね。

ただ、やる人は少ないかなぁ。

それで、違うものを選んで、失敗するかなぁ。

まぁ、一応、メイン機器の302は、送ってきているので、次は割とおまけ的な感じでありますね。

ただ、まぁ、便利ですよね。

運はあるようですね。