自信は必要ないのかもしれない

自分に自信がない。

自己肯定感が低い。

なぜなのかわからなかった。

ふと思った。

自信がなきゃいけないと思ってたからであって、

自己肯定感が高くなきゃいけないと思ってたから。

そう思ったら、もはやどっちでもいいなと思った。

むしろ私に必要なのは、

私であることへの安心感だった。

きっと、自信という言葉でピンとくる人もいれば、

自己肯定感という言葉でピンとくる人もいるから。

自分がピンと来たもので、いけばいいんじゃないか。そう思った。

それくらい人それぞれなんだろう。

私は、どんな自分でもOKな安心感が一番ピンと来た。

だから採用。

自信にも自己肯定感にもこだわらなくていい。

そしたらスーッとした。

自信がなくてもいい。

自己肯定感がいまいちわからなくてもいい。

だって、楽しいもん。

言葉は時に言葉で人を縛る。

だから自分の体感や感覚に聞いてみたらいいのかもしれない。

あー。いいわぁというときは、

身体が軽くなって、心もスーってする感じがする。私の場合は。

そしたら、誰がなんと言おうと採用。

それでいい。