ネットなんて頼らないほうがいい。一番大切なのは年上と話すこと

こんにちわ、スギゾーです。

ネットってほんと便利ですよね。

調べれば答えがすぐにみつかる時代で小学生の問題だって解決できちゃうんですよ。

でもそれって自分の身になりますか?

目の前に文章がズラーってあったとして、その時に

この方法は使える!思って覚えていても忘れてしまいません?

いや、すみません。

これ僕の実体験でした

だってネットで書いてあったとしてもそれはその人だから成功した話であって、自分が同じことができるとは限らないからってことですね。

例えばコンサルティングってかっこいい言葉で稼ぐ方法とか教えてくれる人があふれていますけど、それって本当に必要だと思います?

高いお金を払って教えてもらっても動くのは自分だし相手の腹が痛むわけではないので結果、ダレ得なのかって話ですよ。

そんなことにお金を掛けるよりも、もっと人生の勉強になることがあって

自分より年上の人に話を聞いてみる

ってことです。

年上ってとこはあなたよりも人生経験ははるかに上ってことなので、知識や経験が比べ物にならないくらい違います。

それを聞き出すのがメンドクサイって思うかもしれませんが、本当にそれでいいのでしょうか。

知らないことを覚えるのに頭を下げるのは当たり前の話なのでその行為自体を苦痛と感じるのであればあなたは商売に向いていません。

泥水を飲んででも何かをしてやろうって気持ちがあればそんなことはただの通過点でしかないはず。

年上と話をして色んなことを教えてもらえる人柄であればコミニュケーション能力も間違いなく着きます。

頭で考えることよりもまずは行動。

あなたの住んでるそばに個人居酒屋とかあれば常連さんもいるはずなので、そこに飛び込んでみるところから始めてみたらどうでしょうか?