20代後半になってから増えるホクロ何か悪いものではと気になっています。

--------------------------------------------------------------------------

アメーバブログ美499

biglobe掲載日:2004/04/26

タイトル

20代後半になってから増えるホクロ何か悪いものではと気になっています。

テーマほくろのレーザー外科

--------------------------------------------------------------------------

お名前ぽち

30歳女性です。

20代後半になってからホクロが増えて困っています。

特に右腕から指先にかけては

ここ2〜3年で6個もできてしまいました。

大きさは最初は針でつついたようなもので

徐に成長して1〜2ミリになっていきます。

色は褐色や真っ黒等様です。

手の甲やひら、指先にもできており、

何か悪いものではと気になっています。

特に急激に大きくならないようでしたら

あまり心配しなくてもよろしいでしょうか?

どうぞよろしくお願い致します。

2004年4月25日20時35分10秒

------------------------------

山本クリニック世田谷

山本クリニック世田谷

山本クリニック世田谷

山本クリニック世田谷

山本クリニック世田谷

山本クリニック世田谷

山本クリニック世田谷

山本クリニック世田谷

山本クリニック世田谷

山本クリニック世田谷新規ホームページ

山本クリニック世田谷新規ホームページ

山本クリニック世田谷新規ホームページ

ご心配なことと存じます。

30歳女性です。

20代後半になってからホクロが増えて困っています。特に右腕から指先にかけては

ここ2〜3年で6個もできてしまいました。大きさは最初は針でつついたようなもので

徐に成長して1〜2ミリになっていきます。色は褐色や真っ黒等様です。

手の甲やひら、指先にもできており、何か悪いものではと気になっています。

特に急激に大きくならないようでしたらあまり心配しなくてもよろしいでしょうか?

どうぞよろしくお願い致します。との事です。

通常ほくろには2種類御座います。

単純黒子lentigosimplex

母斑細胞母斑nevuscellnevus)の2つで御座います。

御相談者の御相談内容のほくろは

小型色素性母斑small-sizedpigmentednevusと呼称されるもので

御座います。

小型色素性母斑small-sizedpigmentednevusは

母斑細胞母斑nevuscellnevus)の一種で御座います。

通常の御相談者の年齢でほくろというと

この小型色素性母斑small-sizedpigmentednevusが

大部分で御座います。

34歳ころから出来始め次第におおきさ隆起色調と数が

増加してまいります。

通常掌や足の裏にできるものは褐色調のものが多いものです。

怖いほくろの見分け方に簡単なペンシルテストというもの

ふが御座います。

4にほくろの見分け方について御記載致します。

まずほくろの一般的な知識として。

ほくろはあなどってはだめです。

直径5以下ならば安全です。

こわいほくろの見分け方の覚え方。

日本ではイロハ(色と幅)と覚える。

ほくろは

1イロ色

1全く黒色の場合と茶色が混っていることあり。

2まれに一部が自然に治って皮膚の色となっていることあり。

3極めてまれに黒色ではない皮膚色〜紅色の無色素性メラノーマあり。

4しこりの周りに墨がにじみでたようになっている場合は要注意。

5爪の下のほくろ爪に黒いスジが入ったようになる。

2ハ幅

1直径5mm以下はまず大丈夫。

2直径6mm以上に数カ月から1年で急に大きくなった場合怖い。

3直径7mmを越えるとメラノーマの可能性が高い。

イロハ色と幅でほくろを評価されて下さい。

こわいほくろの簡単検査法は

ほくろに鉛筆のお尻を当ててみてはみ出すようであれば注意

というペンシルテストという見分け方が御座います。

5結論

何か悪いものではと気になっています。

特に急激に大きくならないようでしたら

あまり心配しなくてもよろしいでしょうか?

どうぞよろしくお願い致します。

との事です。

そのとうりで御座います。

ちいさなほくろが多発ほくろである状態

そのものは全く心配が要らないと今の私は考えます。

おおきいほくろの場合は要注意です。

通常先生によっても異なりますが79以上のほくろ

の場合は手術により摘出を致します。

御相談者の御相談内容からは

御記載されていらっしゃる症状症候からは

小型色素性母斑small-sizedpigmentednevus

というほくろのなかでもっとも多いタイプであろうと

今の私は考えます。

数が多いこと自体は危険なフアクターでは御座いません。

何卒にご理解くださいませ。

怖い状態ではありません。

怖い病気ではありません。

だから絶対に心配なさいませんように。

世田谷山本クリニック世田谷の公式ホームページとしては